スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花巻き

普通の中華まんも好きだけど、たまに食べたくなるのが、何も入っていない花巻き。
中華まんならコンビニでもスーパーでも売ってるけど、
花巻きって、そうそう売ってないんだよねぇ・・・
というわけで、食べたいときは作らないとならないもののひとつ。
本やWEBなどでも作り方がいろいろと紹介されているけれど、
とりあえず久々に作ってそれなりにうまくいったので、書いてみます。

【材料】
薄力粉 100g
強力粉 100g
ドライイースト 小さじ1
砂糖 大さじ1
塩 ちょっと
ぬるま湯 1/2カップ強(約110cc)
油 適量

※粉は薄力粉と強力粉を1:1にしてみました。
 (というか、単に強力粉が100gほど残ってたので・・・)
 合わせて200gになればいいんじゃないかと。
 配合を変えると、出来上がりが微妙に変わります。
 強力粉を入れない作り方もあるけど入れたほうがいいみたい。
※砂糖はイーストの発酵に必要みたい?です。
 以前、入れるのを忘れたらあまり膨らまなかった・・・
※油はサラダ油でOKだと思う。
 うちは炒め物用に使っている白ゴマ油が一番手近なのでそれを使う。

【作り方】
1.ボウルに粉・砂糖・塩・ドライイーストを入れて混ぜ合わせ、
  ぬるま湯を少しずつ注ぎながら箸でひたすらかき混ぜる。
  ぬるま湯は混ぜるときにお風呂の温度くらい。
  先に計っておくと、入れるときには冷めてしまうので、
  少し熱いかなくらいで用意しておく。
2.一通り混ざったら(ぽろぽろになっているはず)、
  手でまとめるようにしてこねる。
  表面がなめらかになるまでこねる。
3.丸くひとつにまとめて、ボウルにラップをかけて、1時間ほど放置。
  一時発酵させる。
  冬場はなるべく暖かいところにおいておくこと。
  1時間くらいたつと、3倍くらいに膨らんでいるはず。
4.発酵した生地を延し台(というかまな板)の上に置き、
  麺棒で厚さ6~7ミリくらいに延ばす。
  本来なら打ち粉をして・・・というところだが、
  洗い物が面倒なので、私はラップで両面を挟んでのしてます。
5.表面に油を薄く塗り、端からくるくると丸め、
  棒状になったものを6等分する。
6.クッキングシートを敷いた蒸し器に並べ、30分ほど放置。
  2次発酵させる。
  2次発酵は蒸し器に入れてからでも、入れる前でもいいけど、
  入れてからのほうが生地をいじらなくて済むので・・・
  ここで結構膨らむので、並べるときは間を空けること。
7.蒸し器で15分ほど強火で蒸せば出来上がり。

オーソドックスに甜麺醤を塗って食べるもよし、
切り込みを入れて甜麺醤+チャーシューをサンドもよし。
青椒肉絲などの濃い味の肉料理も合いますね。
蒸しあがったばかりのホカホカに、バターを塗って食べるのも
結構おいしいです。
また、5.の工程の代わりに角煮やら肉あんやら中華あんやらを包んで蒸せば、中華まんです。
中華まんといえば、かつて井村屋の中華まんにハマったことがあったなぁ。
イチゴミルクまんとか、カフェオレまんとか、いわゆるイロモノが多かったけど、食べてみると結構おいしかったりするんだわ。

そうそう、あんまんのあんは中華あんでないと。
(いわゆる「あんかけ」のあんとは違いますよ)
中華あんは、普通のこしあんをごま油で炒るだけでそれっぽくなります。
すった黒ゴマを入れるとよりおいしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しいば

  • Author:しいば
  • ♪日々の糧を 与え給う
     恵みの御神は 誉むべきかな♪
今日のおすすめレシピ

オレンジページnet

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
携帯からもどうぞー。
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。